linuxエンジニアの将来性

linuxはコンピューターのオペレーティングシステム(OS)の一つであり、分類上はUNIX系OSに分類される。プログラムが書かれたソースコードは公開されており、自由に利用できる。フリーかつオープンソースなプログラムは他にもあるが、最も普及したという点においてはその代表格と言うことができる。ある程度普及しているので、linux上で動くソフトウェアやアプリケーション、あるいはOS自身のシステム開発に関わるエンジニアの数は少なくはないのが現状である。

しかしながら一方で、linuxの利用も着実に増えているという状況がある。パーソナルコンピューター分野でのシェアは一定以上存在する。それに加えて、オープンソースのためコストが少なくて済み、しかもプログラム改変に対してのある程度の自由度が確保されているので、家電、機械、装置などに組み込んで使う、組み込み機器の分野での需要が増えているのである。コンピュータ制御による機器のIT化は今後、より細かい分野まで進行していくと考えられるので、linuxエンジニアの将来性に関してはかなり有望であると考えられる。

例えば、従来より製造していた工業装置などが組み込みIT機器の発展により制御可能になった場合、それを制御するソフトウェアを開発しなければならない。そんな中、選択肢の第一として上げられるLinuxOSのエンジニアの需要は高まる一方である。また、新規参入企業がまだまだ期待される現状においては、転職などの状況も好調が続くと予想される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です