必須操作を学ぶ苦労

情報技術系で将来性ある職業として、linuxエンジニアがある。インターネットサービスでは、linuxのOSが非常に役立つことが多い。そのため、linuxを使いこなせる実力があれば、職場の選択肢が多く得られる。

ただし、linuxエンジニアとして働くことができる実力を身につける為には、それ相応の苦労がある。linuxの操作はコマンドラインでの入出力が主体となる。グラフィックユーザーインターフェースも用意されているものの、linuxを使いこなそうとすればコマンド入力が適しているだろう。しかし、これまでグラフィックユーザーインターフェースによる操作に慣れてきたパソコンユーザーは、コマンドラインでのコントロールに不慣れである。数多くのコマンドを一から覚えなくてはならない。そのため、linuxエンジニアを目指したものの、途中で挫折してしまう人もいる。

始めの内はコマンドラインの操作にずいぶんと苦労するが、少しずつコマンドを覚えて操作のコツを掴んでくれば、linuxの操作で強力な武器となる。コマンドの組み合わせ次第で、複雑な処理を高速にこなせる。コマンドを使いこなすテクニックは、linuxを扱うエンジニアにとって必須であると言えるだろう。苦労してでも手に入れたこれらの技術は、効率的に仕事をこなす上で大変に役に立つ。従来であれば長い時間を掛かって行っていた処理を、短時間でスマートにこなせるようになるからだ。始めはハードルが高いものの、その先に新たな将来性ある世界が広がっていると分かれば、linuxの操作技術の修得にも前向きになれるはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です